今さら聞けない「離脱率」とは? 直帰率との違いや改善点も解説

2021年7月31日

Webマーケティングで成果を上げるために欠かせないデータの1つが「離脱率」です。近しい概念に「直帰率」という専門用語も出てくるため、ややこしいと感じるのではないでしょうか。この記事では、離脱率の概念や計算方法、改善のポイントを解説します。

離脱率(Exit Ratio)とは

離脱率(Exit Ratio)とは「ページのPVに対する、そのページを最後にサイト外へ出た人数の割合」のこと。離脱の定義は、以下の6つです。

  1. ブラウザを閉じる
  2. ブラウザの「戻るボタン」でサイト外に出る
  3. 外部リンクで他サイトへ移る
  4. ブックマークで他サイトへ移る
  5. ページ上で30分放置する
  6. ページの閲覧中に午前0時を迎える

5 の「ページ上で30分放置する」と 6 の「ページの閲覧中に午前0時を迎える」は、Googleアナリティクスの仕様です。とくに 6 について、Googleアナリティクスでは、アクセスを日単位で集計しています。データが日をまたぐのを防ぐためなので、不具合ではありません。

離脱率と直帰率(Bounce Rate)との違い

直帰率(Bounce Rate)とは「ユーザーが、訪問した最初の1ページだけを見てサイトから離脱した人数の割合」のこと。ケーキ屋に例えるとわかりやすいかもしれません。以下の2つは、直帰率と離脱率のどちらでしょうか。

(お店=Webサイト、ケーキ=ページ、ケーキは買っていないと仮定)

  • お客さんは、ショートケーキだけを見て出ていった
  • お客さんは、ショートケーキとチョコレートケーキを見て出ていった

前者の「ショートケーキだけを見て出ていった」は、直帰率です。後者の「ショートケーキとチョコレートケーキを見て出ていった」は、離脱率になります。離脱率と直帰率の違いは「ユーザーが2つ以上のページを見たか否か」と覚えてください。図にすると次になります。

離脱率の計算式

離脱率は、以下の公式で求めることができます。

離脱率% = ページの離脱数 / ページのPV × 100

「あるサイトAに5000人が訪問した」と仮定しましょう。サイトAのあるページXに、500PVのアクセスがありました。ページXを最後に50人がサイトから離脱したとき、ページXの離脱率は何%でしょうか。

答えは、以下の通りです。

離脱率% = ページの離脱数50 / ページのPV500 × 100 = 10%

かんたんに計算できるサイト「Web計算機」を使うと、楽に計算できます。

離脱率 - ke!san 生活や実務に役立つ計算サイト

離脱率に平均は存在しない

離脱率に、平均は存在しません。離脱率の原因はさまざまで、サイトごとに違うもの。改善できたか否かは、自サイトの過去のデータと比較しましょう。

「低ければ良い」というわけではない

離脱率は「低ければ良い」というわけではありません。ECサイトには、購入後に表示される「お買い上げありがとうございます」と書かれたサンクスページがあります。

サンクスページの離脱率は高いです。しかし問題はありません。サンクスページが表示された時点で、コンバージョン(CV)は取れています。ユーザーも「買い物をする」という目的を達成しました。

問題なのは、以下の2つうち1つでも当てはまる場合です。

  1. 滞在時間が短い(コンテンツが見られていない)
  2. CV率が低い

離脱率が低くても、成果に繋がらなくては意味がありません。離脱率が高くても問題ないページをしっかり見分けましょう。

離脱率が高くなる原因と対策

離脱率が高くなる原因はさまざまですが、主に以下の3つが考えられます。

  1. ユーザーのニーズを満たせていない
  2. 入力フィールドが多い
  3. ページのレイアウトが悪い

原因1|ユーザーのニーズを満たせていない

「コンテンツは見られているのに、滞在時間が短い」という場合は、ユーザーのニーズを満たせていない可能性が高いです。滞在時間が短い原因には、以下の2つが考えられます。

  1. 求めている情報がない
  2. 内容がわかりづらい

「滞在時間は短いが、CV率は高い」という場合は、問題ありません。

求めている情報がない

どれだけ良いタイトルをつけても、求めている情報がないとユーザーは離脱します。「コンテンツは読まれるのに、CTAのクリック率が低い」という場合は、情報を増やし、コンテンツの質を上げましょう。

内容がわかりづらい

時間にシビアな現代人は、無駄な情報を嫌います。「結論ファースト」を意識して、必要な情報のみを載せましょう。見出しで内容がざっくり伝わるようにすると、より効果的です。

原因2|入力フィールドが多い

「CTAはクリックされるのに、CV率が低い」という場合は、申し込みの手順を簡略化しましょう。申し込みに時間がかかると、ユーザーはストレスが溜まって離脱します。せっかくCTAを踏んでもらったのに、離脱されてはもったいないですよね。

大手ECサイトの購入画面を思い浮かべてください。だいたい、3ステップほどで購入が完了するでしょう。購入画面からの離脱を防ぐには、申し込み手順の簡略化が必要です。

原因3|ページのレイアウトが見づらい

ページのレイアウトの見づらさも、ユーザーが離脱する原因です。総務省が2020年5月に発表した「通信利用動向調査」によると、ユーザーの86.5%は、スマートフォンやタブレットからアクセスします。パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットでも見やすいレイアウトにしましょう。

見やすいレイアウトを作るには、以下の3つを意識してください。

  1. レスポンシブデザインは必須
  2. 文字のサイズは16px以上
  3. 適度な改行を入れる

レスポンシブデザインは必須

スマートフォンやタブレットでも見やすいレイアウトには、レスポンシブデザインが必須です。前述の通り、ユーザーの86.5%は、スマートフォンやタブレットからアクセスします。これからのWebマーケティングを攻略するには、レスポンシブデザインが欠かせません。

文字のサイズは16px以上

読みやすいコンテンツを作るには、文字のサイズが重要です。Googleは、16px以上を推奨しています。

適度な空行を入れる

読みやすいコンテンツを作るには、適度な空行が重要です。次のAとBは、どちらが読みやすいと感じるでしょうか。

【A】

レスポンシブウェブデザイン (Responsive Web Design, RWD) は、閲覧者の画面サイズまたはウェブブラウザに応じてデスクトップウェブページが閲覧できることを目指したウェブデザインの手法。加えて、1つのウェブサイトで多様なデバイスを同様にサポートすることもレスポンシブウェブデザインのタスクに含まれている点を理解しておくことが重要である。また、最近の取り組みでは、閲覧のコンテキストの一部としての閲覧者の近さがRWDの延長部分と見なされている。ニールセンノルマングループは、「コンテンツ、デザイン、そしてパフォーマンスは、すべてのデバイスでユーザビリティと満足を確保するために必要である」と述べた。

【出典】レスポンシブウェブデザイン ‐ Wikipedia

【B】

レスポンシブウェブデザイン (Responsive Web Design, RWD) は、閲覧者の画面サイズまたはウェブブラウザに応じてデスクトップウェブページが閲覧できることを目指したウェブデザインの手法。

加えて、1つのウェブサイトで多様なデバイスを同様にサポートすることもレスポンシブウェブデザインのタスクに含まれている点を理解しておくことが重要である。

また、最近の取り組みでは、閲覧のコンテキストの一部としての閲覧者の近さがRWDの延長部分と見なされている。

ニールセンノルマングループは、「コンテンツ、デザイン、そしてパフォーマンスは、すべてのデバイスでユーザビリティと満足を確保するために必要である」と述べた。

【出典】レスポンシブウェブデザイン ‐ Wikipedia

AとBを比較して「Aのほうが読みやすい」と言う方は、ほとんどいらないでしょう。パソコンの画面で2~3行ごとに改行を入れると、スマートフォンやタブレットでも読みやすくなります。

文章には、適度な空行を入れることを忘れないでください。

離脱率を理解し、適切な対策を

離脱率(Exit Ratio)とは「ページのPVに対する、そのページを最後にサイト外へ出た人数の割合」のこと。離脱の定義は、以下の6つです。

  1. ブラウザを閉じる
  2. ブラウザの「戻るボタン」でサイト外に出る
  3. 外部リンクで他サイトへ移る
  4. ブックマークで他サイトへ移る
  5. ページ上で30分放置する
  6. ページの閲覧中に午前0時を迎える

離脱率と直帰率の違いは「ユーザーが2つ以上のページを見たか否か」と覚えてください。

離脱率は、以下の公式で求めることができます。

離脱率% = ページの離脱数 / ページのPV × 100

離脱率が高くなる主な原因は、以下の3つです。

  1. ユーザーのニーズを満たせていない
  2. 入力フィールドが多い
  3. ページのレイアウトが悪い

適切な対策で、離脱率を改善しましょう。

離脱率の対策をしたいけれど、ウェブサイトをいちいち修正するのはたいへん、という場合は「ぽちっとクリック」がおすすめです。訪問者の目を引くデザインのCTAボタンを、かんたん設定ですぐ設置することができます。デザインもサイトにあわせて複数から選ぶことができます。スマートフォンやタブレットのマルチデバイスにも対応。無料登録はこちらからいただけます。

あわせて読みたい
2021年9月23日

直帰率とは? 業界平均や改善方法、2種類の直帰率、離脱率との違いなど

アクセス解析で「直帰率」は重要な指標であるものの、何を示しているのか、改善にどのように活かせばよいのか、思いのほかわかりづらいものです。「直帰率」の業界平均がどれくらいなのか、改善方法はどのようなものがあるのか、解説します。
2021年9月5日

今さら聞けない「ランディングページ(LP)」とは? 成果の出る作り方や注意点など

「ランディングページ(LP)なんて1枚ものの、チラシみたいなものでしょう? かんたんに作れるよね」と思うかもしれません。しかし成果を出すにはノウハウがあるのです。LPとWebサイトの違いや売れるLPの作り方、LP制作の注意点などを解説します。
2021年8月13日

CVR(コンバージョン率)とは? 基礎知識から業界別平均値、改善方法を解説

CVR(コンバージョン率)は、Webマーケティングの成果を計る重要な指標の一つです。では、CVRの数字は何を意味しているのでしょうか? この記事では、基本的な定義の解説から、CVRを活用する方法まで詳しく紹介します。
2021年7月31日

コンバージョン(CV)とは? Webマーケティングにおける意味を徹底解説

Webサイトの運営をはじめると「コンバージョン」という言葉をよく耳にします。コンバージョンはWebマーケティングにおける最重要単語ですが、その意味は複雑です。コンバージョンとは何か、Webマーケティングにおける定義と重要性をわかりやすく解説します。
2021年7月31日

今さら聞けない「離脱率」とは? 直帰率との違いや改善点も解説

Webマーケティングで成果を上げるために欠かせないデータの1つが「離脱率」です。近しい概念に「直帰率」という専門用語も出てくるため、ややこしいと感じるのではないでしょうか。この記事では、離脱率の概念や計算方法、改善のポイントを解説します。
2021年7月24日

【必見】売れるランディングページ(LP)の作り方|7つの手順と5つの注意点

LP制作は大変というイメージを持たれているのではないでしょうか。しかし、一つ一つの作業は単純です。注意点を押さえながら手順を踏めば、LP制作はそこまで難しいものではありません。この記事では、LP制作の具体的な7つの手順や5つの注意点、効率化のポイントを徹底解説します。
2021年7月24日

【厳選】LP制作に役立つ無料テンプレート5選|おすすめツールも紹介

ランディングページ(LP)制作にはデザインも重要な要素。LPのデザインをゼロから考えて制作するのは、とても大変ですよね。そこで活躍するのが、テンプレートやツール。この記事では、星の数ほど存在するテンプレートの中から厳選した5つの無料テンプレート(レスポンシブデザイン)と、LP制作に役立つおすすめのツールを3つご紹介します。
2021年7月24日

【厳選】LP制作に役立つ有料サービス2選|おすすめのテンプレートも紹介

ランディングページ(LP)制作においてデザインも重要な要素。そこで活躍するのが、テンプレートや有料ツールです。この記事では、星の数ほど存在するテンプレートの中から厳選した5つのテンプレート(レスポンシブデザイン)と、LP制作に役立つおすすめの有料ツールを2つご紹介します。
2021年7月24日

【厳選】LP制作の参考になるデザインサンプルサイト3選

ランディングページ(LP)の制作案件では、クライアントの業種ではどのようなLPが好まれるか、競合がどのようなLPを出しているか、気になりますよね。この記事では、数多くのLPサンプルサイトの中から、厳選した3つのサイトをご紹介します。
2021年7月24日

CTAボタンとは? 作り方の基本・クリックしたくなるCTAボタンを解説

Webサイトのコンバージョン率を上げるために、ユーザーにクリックしてもらうために、どうCTAを改善したら良いか悩んでいませんか? CTAの典型例である「CTAボタン」について、作り方の基本から効果的なデザイン方法を解説します。
2021年7月24日

CTAとは? CTAを改善するコツを紹介

Webサイトから資料請求が来ない、ECサイトで売り上げが上がらない・・・。Webマーケティングにおいて、Webサイトの成果を高める手法のひとつが「CTAの改善」です。CTAとはどういう意味なのか、CTAを改善するコツを紹介します。