【厳選】LP制作の参考になるデザインサンプルサイト3選

2021年7月24日

ランディングページ(LP)の制作案件では、クライアントの業種ではどのようなLPが好まれるか、競合がどのようなLPを出しているか、気になりますよね。クライアントにLPの企画を提案する際に、他社がどのようなLPを出しているかの情報を添えれば、クライアントも喜ぶはずです。

しかし、LPのサンプルをまとめたサイトは数多く存在します。すばやく目的を達するにはどのサイトを参考にするのがいいか、迷ってしまうことでしょう。この記事では、数多くのLPサンプルサイトの中から、厳選した3つのサイトをご紹介します。

LPアーカイブ|圧倒的な情報量と探しやすさが特徴

https://rdlp.jp/lp-archive

LPアーカイブ」は、日本国内のLPを、PCデザイン・スマホデザインをあわせて23,000種類以上まとめているサイトです。LPアーカイブの特長は、なんと言っても充実した検索機能です。

LPアーカイブの検索機能:

  • キーワード検索
  • 13種類のカラー
  • 23種類のカテゴリー
  • 19種類のイメージ
  • 新しい順に並べ替え
  • 古い順に並べ替え
  • お気に入り数順に並べ替え
  • おすすめ順に並べ替え

LPアーカイブは、検索機能が豊富で、23,000種類以上あるLPを効率良く閲覧できます。たとえば、あなたが保険会社のLPを制作する立場だとしましょう。LPアーカイブのメニューから「サービス・保険・金融」を選び、サブメニューの「保険・金融・クレジット」を選択してください。これだけで、400件のサンプルが登録されていることがわかります。

もっと絞り込む場合は、キーワード検索で「生命保険」と入れてみましょう。53件ものサンプルがヒットしました。後述の「LP advance」サイトで「生命保険」と検索すると、ヒットするのは2件のみですから、LPアーカイブの情報量は圧倒的です。

LPアーカイブには、LPのサンプルを保存できる『お気に入り機能(要ログイン)』があります。各LPのキャッチコピーを見ることもできます。

LP制作の参考資料を探すときは、まずはLPアーカイブが第一候補です。

LP advance|ニッチな検索機能が特徴

https://site-advance.info/

LP advance」は、LPアーカイブと同じように日本国内のLPがまとめられた日本語のサイトです。

LP advanceの特徴は、LPアーカイブにはないユニークな検索機能です。『メインビジュアルから探す』『効果・エフェクトから探す』といった、細やかな検索ができます。

メインビジュアルから探す:

  • 人物(男女)
  • 人物(男性)
  • 人物(女性)
  • 文字
  • イラスト
  • 動物

効果・エフェクトから探す:

  • スクロール
  • レスポンシブ
  • 動画

もちろん、LPアーカイブにある標準的な検索機能もあります。

  • キーワード検索
  • カテゴリー検索
  • カラー検索
  • イメージ検索
  • お気に入り
  • キャッチコピーリスト

ただし、LP advanceに掲載されているサンプル数は1,653件と、LPアーカイブの23,000件に遠く及びません。LPアーカイブの補完という使い方になるでしょう。LPアーカイブにはないユニークな検索機能を駆使すれば、LPアーカイブだけでは得られない豊かな着想を得ることができます。

Land Book|海外のLPなどをまとめたサイト

https://land-book.com/

Land Book」は、前述のLPアーカイブやLP advanceとは異なり、海外のLPをまとめた英語のサイトです。

Land Bookの特長として、LP以外にも以下のものがまとめられています。

  • ポートフォリオ
  • ブログ
  • ECサイト

LPアーカイブやLP advanceに比べ機能面は劣ります。使える機能は以下の通りです。

  • キーワード検索
  • タグ検索
  • お気に入り機能

海外のLPやWebサイトは、日本のLPやWebサイトとは違うベクトルのおしゃれさがあります。国内だけを眺めていては気がつけない観点を得ることができます。LPアーカイブやLP advanceだけでなく、Land Bookにもアクセスしてみましょう。

3つのサイトを併用して幅広い着想を得よう

LP制作の参考になる3つのサイトをご紹介しました。

「LPアーカイブを中心に使いつつ、LP advanceとLand Bookで着想の幅を広げていく」という運用をしてみてはいかがでしょうか。ぜひLP制作案件にお役立てください。

デザインの優れたLPをつくりたいけれど、ウェブサイトをいちいち修正するのはたいへん、という場合は「ぽちっとクリック」がおすすめです。訪問者の目を引くデザインのCTAボタンを、かんたん設定ですぐ設置することができます。デザインもサイトにあわせて複数から選ぶことができます。スマートフォンやタブレットのマルチデバイスにも対応。無料登録はこちらからいただけます。

あわせて読みたい
2021年9月23日

直帰率とは? 業界平均や改善方法、2種類の直帰率、離脱率との違いなど

アクセス解析で「直帰率」は重要な指標であるものの、何を示しているのか、改善にどのように活かせばよいのか、思いのほかわかりづらいものです。「直帰率」の業界平均がどれくらいなのか、改善方法はどのようなものがあるのか、解説します。
2021年9月5日

今さら聞けない「ランディングページ(LP)」とは? 成果の出る作り方や注意点など

「ランディングページ(LP)なんて1枚ものの、チラシみたいなものでしょう? かんたんに作れるよね」と思うかもしれません。しかし成果を出すにはノウハウがあるのです。LPとWebサイトの違いや売れるLPの作り方、LP制作の注意点などを解説します。
2021年8月13日

CVR(コンバージョン率)とは? 基礎知識から業界別平均値、改善方法を解説

CVR(コンバージョン率)は、Webマーケティングの成果を計る重要な指標の一つです。では、CVRの数字は何を意味しているのでしょうか? この記事では、基本的な定義の解説から、CVRを活用する方法まで詳しく紹介します。
2021年7月31日

コンバージョン(CV)とは? Webマーケティングにおける意味を徹底解説

Webサイトの運営をはじめると「コンバージョン」という言葉をよく耳にします。コンバージョンはWebマーケティングにおける最重要単語ですが、その意味は複雑です。コンバージョンとは何か、Webマーケティングにおける定義と重要性をわかりやすく解説します。
2021年7月31日

今さら聞けない「離脱率」とは? 直帰率との違いや改善点も解説

Webマーケティングで成果を上げるために欠かせないデータの1つが「離脱率」です。近しい概念に「直帰率」という専門用語も出てくるため、ややこしいと感じるのではないでしょうか。この記事では、離脱率の概念や計算方法、改善のポイントを解説します。
2021年7月24日

【必見】売れるランディングページ(LP)の作り方|7つの手順と5つの注意点

LP制作は大変というイメージを持たれているのではないでしょうか。しかし、一つ一つの作業は単純です。注意点を押さえながら手順を踏めば、LP制作はそこまで難しいものではありません。この記事では、LP制作の具体的な7つの手順や5つの注意点、効率化のポイントを徹底解説します。
2021年7月24日

【厳選】LP制作に役立つ無料テンプレート5選|おすすめツールも紹介

ランディングページ(LP)制作にはデザインも重要な要素。LPのデザインをゼロから考えて制作するのは、とても大変ですよね。そこで活躍するのが、テンプレートやツール。この記事では、星の数ほど存在するテンプレートの中から厳選した5つの無料テンプレート(レスポンシブデザイン)と、LP制作に役立つおすすめのツールを3つご紹介します。
2021年7月24日

【厳選】LP制作に役立つ有料サービス2選|おすすめのテンプレートも紹介

ランディングページ(LP)制作においてデザインも重要な要素。そこで活躍するのが、テンプレートや有料ツールです。この記事では、星の数ほど存在するテンプレートの中から厳選した5つのテンプレート(レスポンシブデザイン)と、LP制作に役立つおすすめの有料ツールを2つご紹介します。
2021年7月24日

【厳選】LP制作の参考になるデザインサンプルサイト3選

ランディングページ(LP)の制作案件では、クライアントの業種ではどのようなLPが好まれるか、競合がどのようなLPを出しているか、気になりますよね。この記事では、数多くのLPサンプルサイトの中から、厳選した3つのサイトをご紹介します。
2021年7月24日

CTAボタンとは? 作り方の基本・クリックしたくなるCTAボタンを解説

Webサイトのコンバージョン率を上げるために、ユーザーにクリックしてもらうために、どうCTAを改善したら良いか悩んでいませんか? CTAの典型例である「CTAボタン」について、作り方の基本から効果的なデザイン方法を解説します。
2021年7月24日

CTAとは? CTAを改善するコツを紹介

Webサイトから資料請求が来ない、ECサイトで売り上げが上がらない・・・。Webマーケティングにおいて、Webサイトの成果を高める手法のひとつが「CTAの改善」です。CTAとはどういう意味なのか、CTAを改善するコツを紹介します。